入学試験要項

  • Home >
  • 入学試験要項 >
  • 公募推薦入学試験

公募推薦入学試験

公募推薦入学試験

大学

募集人員・試験科目(大学)

文学部

英文学科 募集人員:3名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 小論文(100点):60分、800字
  • 面接(100点):個人面接、15分程度
心理・応用コミュニケーション学科 募集人員:9名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 小論文(100点):社会的なテーマについて、入門的な60分程度の講義を聴き、さらに60分で、①話の内容を自分なりに分かりやすく整理してまとめたノート、②講義内容に関する設問について800字以上で論述した小論文を作成し、それらの内容について評価する。
  • グループ討議(100点):社会的なテーマについて、5~8人程度で30分間、集団で質疑・討議を行い、テーマに対する姿勢や発言の内容について評価する。

※ 1高等学校(又は中等教育学校)からの応募者は、心理・応用コミュニケーション学科は3名以内とする。

 

経済学部

経済学科 募集人員:13名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 記述(200点):事前に平易な文献を指定し、その内容について出題する記述試験、60分、800字程度
  • 面接(100点):個人面接
経営情報学科 募集人員:10名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 記述(200点):事前に平易な文献を指定し、その内容について出題する記述試験、60分、800字程度
  • 面接(100点):志望理由等以外に、指定した文献の内容についても問う個人面接、10分程度
経済法学科 募集人員:11名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 記述(200点):「政治・経済」に関する講義(60分)の後、講義内容を理解できたかを確認するための、記述試験(60分)。講義のテーマは『租税の機能と財政の課題』

 

社会福祉学部

福祉計画学科 募集人員:14名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 小論文(100点):「子どもの貧困」に関する小論文試験、60分、800字程度
  • 面接(100点):個人面接、15分程度
福祉臨床学科 募集人員:10名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 小論文(100点):当日配布する社会福祉に関する時事問題の資料を読み、その時事問題に基づいた小論文試験、60分、800字程度
  • 面接(100点):個人面接、15分程度
福祉心理学科 募集人員:8名

試験科目(配点)/試験の概要:

  • 小論文(200点):定められたテーマの要約と自らの意見を述べる。60分、800字程度
  • 面接(100点):個人面接
■ 試験科目分類

小論文
自己の考えを述べることを含む、論述形式の試験。設問形式は、①800字以上で考えを論述するもの、または、②400字程度で考えを論述する問題を含み、全体で800字以上となるものが含まれます。

記 述
設問の形式は、語句記述問題や選択問題、計算問題や長文記述問題など、多様なものが含まれます。

面 接
おもに、受験者の学修状況や進路・志望等について尋ねる、個人面接形式の試験。

グループ討議
おもに、定められたテーマや課題図書について、複数の受験者による質疑・議論等を行う試験。

■ 経済学科の指定文献(各自で購入すること)※経済学科の指定文献は持ち込み参照可。(付箋等の貼付及び挟み込みは不可)

  • 『たったひとつの「真実」なんてない―メディアは何を伝えているのか?』 森達也著 ちくまプリマー新書(2014年11月 820円+消費税)
  • 『平和構築入門―その思想と方法を問いなおす』 篠田英朗著 ちくま新書(2013年10月 840円+消費税)
  • 『朝3分間のデカルト』 小川仁志著 PHP文庫(2016年4月 660円+消費税)

■ 経営情報学科の指定文献(各自で購入すること)

  • 『VRビジネスの衝撃「仮想世界」が巨大マネーを生む』 新清士著 NHK出版(2016年5月 740円+消費税)
    序章を前題として、特に第1章、第3章、第4章を中心に
  • 『企業戦略を考える』 淺羽茂・須藤実和著 日本経済新聞出版社(2013年1月 860円+消費税)
    第1章を前提として、特に第2章、第3章、第4章、第5章を中心に

 

出願資格

  1. 次の(1)〜(3)のいずれかの者で、学校長の推薦する者
    • (1) 高等学校又は中等教育学校を2017(平成29)年3月卒業見込みの者
    • (2) 通常の課程による12年の学校教育を2017(平成29)年3月修了見込みの者
    • (3) 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者で2017(平成29)年3月31日までにこれに該当する見込みの者のうち本学が認めた者

      これらの者は、次のとおりである。

      • ア) 文部科学大臣が高等学校の課程に相当する課程を有するものとして指定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び2017(平成29)年3月31日までに修了見込みの者
  2. 本入学試験に合格した場合には入学を確約できる者
  3. 学科が指定する次の出願資格を満たす者

文学部

英文学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を持ち、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.5以上の者
  • ウ) 次のいずれか1つの要件を満たす者

     a. TOEIC 650点以上の得点を取得した者

     b. TOEFL 480点(PBT)または54点(iBT)以上の得点を取得した者

     c. 日本英語検定協会の実施する実用英語技能検定試験準1級以上の合格者

     d. GTEC for STUDENTS(Advanced) 600点以上の得点を取得した者

心理・応用コミュニケーション学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を有し、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持ち、得意分野を持つ者。なお、得意分野としてはスポーツ、芸術、文化、科学、社会活動などが考えられるが、出願者の申告によるものとして分野の指定はない。
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での国語、外国語、その他の教科の3教科の評定平均値が3.7以上の者

 

経済学部

経済学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を持ち、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.0以上の者
経営情報学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を持ち、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.0以上の者
経済法学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を持ち、将来、経済や法律のスペシャリストを目指す強い意欲を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.0以上の者

 

社会福祉学部

福祉計画学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を有し、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.5以上の者
福祉臨床学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を有し、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持ち、将来、福祉関係の仕事に従事する希望を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.7以上の者
福祉心理学科
  • ア) 本学科の教育目標並びに教育課程に関心を持ち、人物、能力ともに優れ修学に強い意欲を持つ者
  • イ) 高等学校又は中等教育学校での全体の評定平均値が3.7以上の者

 

入学検定料

  • 30,000円 (出願に際して納入する)

 

試験日程

出願期間

2016(平成28)年11月14日(月)〜11月22日(火) 消印有効

試験日

2016(平成28)年12月10日(土)

合格発表日

2016(平成28)年12月16日(金)10:00

入学手続締切日

2016(平成28)年12月26日(月)16:00まで

 

試験会場

北星学園大学 校舎

PAGE TOP