先輩VOICE

サークル紹介「バスケ部(男子)」

サークル紹介

バスケ部(男子)

北星先輩Voice バスケ部(男子)

社会福祉学部
福祉計画学科3年

バスケ部部長 寺岡さん

もてたい一心(笑)でお兄さんと一緒に小学3年生からバスケを始めた寺岡さん。終始臆することなく、バスケットとチームへの思いを、その瞳のように真っ直ぐに語ってくださいました。高校時代とにかく練習が厳しかったこともあり、今の状況はとても「ゆるい」けれど、それに流されないようにしたい、という自分を律する意志の強さが伝わってきました。

現在のポジションは?

ポイントガードです。始めた時はまだ小学生だったので、いろいろなポジションをやっていたのですが、身長が小さかったこともあり、途中からはずっとポイントガードをやっていました。

 

高校までのバスケ生活は?

小学生や中学生の時に選抜に選ばれていました。高校時代も札幌ではだいたいベスト4には常に入っていたので、ずっと全国を目指してやっていたんです。高校時代はキャプテンじゃなかったのですが、小・中と大学ではずっとキャプテンです。

 

高校時代に比べて意識が変わった部分は?

今まではどこか大人の人に引っ張ってもらっている部分が多かったのですが、大学では自分が周りの人たちを引っ張っていくという気持ちで、練習メニューも全部考えています。

 

バスケ部での充実度は?

大学生になって(直接指導してくれる)顧問の先生がいないので、練習メニューを考えたり、試合中も全部自分で指示をしているので、そういう面では大学生の時が一番やり応えはありました。

 

就活へ向けての抱負は?

バスケットを12年間ぐらい続けているんですけど、これだけ長く続けて来れたっていうのは、自分の中でも唯一胸の張れることなので、バスケットを通じていろいろ学んだことを就活にも活かして頑張りたいです。

北星先輩Voice バスケ部(男子)

男子バスケ部は部員数約20名。部長さんのおっしゃるように今は強豪チームではないけれど、上位リーグ進出を目指して邁進中とのこと。週3回ほどフォーメーションを中心とした練習に励んでいます。

バスケ部はそれほど強い部ではないですが、大学に入ってバスケットをやるかどうか迷っている人はぜひ入部して欲しいです。やらずに後悔するよりは絶対やって後悔したほうがいいので。あと、北星は学食が美味しいのでここはぜひ強調したいです。

PAGE TOP