充実した北星での日々を糧に、
新しい「つなぐ力」へ挑戦したい

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

細川 優依 さん
Hosokawa Yui
英文学科 2009年度卒業
札幌開成高等学校出身(現 市立札幌開成中等教育学校)
NEXT

入社してからの3年間は札幌勤務で、ハウスメーカーと協力して新居へ入居される方々に最適な通信環境を提案していました。その後、東京に転勤となり、現在は都内を中心とした百貨店やショッピングセンターなどの大型商業施設に対して、より良好な通信環境を実現するための総合的な提案を行っています。通信という「つなぐ力」はあらゆるサービスに不可欠です。多種多様な業種・業界の方と関わっていけることが、この仕事の最大の魅力ではないかと感じています。在学中に、英語はもとより、異文化コミュニケーションについて学んだことがいろいろな方々と接する場面で活きています。

高校時代から英語を学ぶことが好きで、北星を目指していました。オーラル・コミュニケーションクラスでディスカッションの授業を経験したこと、オーストラリアへホームステイをしたことなど、積極的に楽しみながら学生生活を過ごすことができました。通信の会社で働きながらも、ジェンダーやダイバーシティの観点からグローバル人材について考える場面が多くあることをとても面白く感じます。今後は、まだ関わりのない業界への提案をしたり、新しい通信サービスの開発業務に携わってみたいと思っています。多様な人々と柔軟に接し、目標に向かって挑戦できる人こそグローバル人材だと考えています。北星での日々が、そのような考え方の素地を作ってくれました。

MESSAGE

受験生たちへメッセージ

英文学科には、英語はもちろん、様々な経験と知識を身につけることができる環境が整っています。しかし、それを活かせるかどうかは自分次第です。北星での4年間で何を学び、どんなことを経験したいのか、しっかり目的意識を持って大学生活を送ってください。その先にきっと、あなたに合った将来が見えてくるはずです。

インタビュー内容は、2017年11月〜2018年4月に取材したものです。

PAGE
TOP