医療法人
新さっぽろ脳神経外科病院
(医療ソーシャルワーカー)

平尾 加奈 さん
Hirao Kana
福祉臨床学科
2011年度卒業
帯広三条高等学校出身
NEXT

北星の先輩たちのように、
ソーシャルワークの仕事を追求したい

医療ソーシャルワーカーとして、患者さんやご家族の相談に応じ、安心して療養生活に向き合うことができるよう、経済的・社会的な課題の解決、退院後の生活再開に向けた支援などを行っています。病気という重い現実に直面した方々に寄り添い、思いをじっくり聞いて、その方らしい生活を送るための方法を考えるお手伝いをします。責任のある仕事ですが、時には励まし、時には一緒に悩みながら、その方の人生を支えていく役割にやりがいを感じています。また、退院して自宅に戻った患者さんを支援するためのネットワークづくりも重要な仕事です。地域で活躍している福祉の専門職には北星出身者が多く、連携や情報共有をしやすいことが強みになっています。    

福祉臨床学科に進学したのは、福祉を実践的に学びたいと思ったからです。病院での現場実習では、治療を終えた後も生活の支援が必要な患者さんが多くいることを学び、そういう方を支えたいという思いを強くしました。現在の職場はゼミの先生から勧めていただいたのですが、北星の先輩が多いことやソーシャルワーカーとして成長できるサポート体制など、事前に職場環境がわかっていたこともあり、当初から安心して働くことができています。現在は北星から来る実習生のスーパーバイザーを担当しています。自分の経験を通して、後輩の皆さんにこの仕事の面白さや魅力を伝えていきたいと思います。

MESSAGE

受験生たちへメッセージ

ソーシャルワーカーとして働いてから、福祉のフィールドには北星出身の先輩が数多くいることを知りました。同じ大学出身の先輩が周囲にいることは心強く、「北星で良かった!」と感じています。大学の4年間はあっという間ですが、学生時代の経験は社会に出てから必ず活かされると思います。ぜひ北星で充実した時間を過ごしてください。

インタビュー内容は、2018年11月〜2019年4月に取材したものです。

PAGE
TOP