ホクレン
農業協同組合連合会

今井 絵梨香 さん
Imai Erika
短期大学部生活創造学科
2015年度卒業
札幌新川高等学校出身(現:市立札幌新川高等学校)
NEXT

北海道の農業を支える仕事に
やりがいや喜びを感じています

弊会は農業者の営農支援や生産物の安定供給などを担う組織です。私は米穀事業本部米穀部主食課で、卸会社の注文に応じて玄米を手配する受け渡し業務を担当しています。契約条件や用途に合わせて発注先の産地を判断したり、在庫状況を見て数量を調整するなど、柔軟な対応力が必要なため、常に上司や先輩から情報を聞き、アドバイスを受けるように心がけています。少しずつですが産地情報や取引先のニーズを把握できるようになり、お客様の質問に答えられることも増えました。同僚やお客様とコミュニケーションを取るときに、学生時代のインターンシップなどで学んだ、積極的に人と関わる姿勢が役に立っています。

私が弊会への就職を志望したのは、ゼミの先輩が生き生きと働く姿に憧れたことがきっかけでした。生活創造学科で貧困問題や社会的弱者について学び、将来は社会の役に立つ仕事をしたいと考えていた私にとって、北海道の基幹産業を支える弊会の事業はまさに理想でした。就職して1年目に参加した田んぼアートをつくるイベントでは、生産者の方と触れ合う中で、主力農産物であるお米に携わる仕事の大切さや意義を知りました。発注に関わった商品が店頭に並んでいると、北海道の農業や食に貢献しているという喜びを感じることができます。これからも北海道米や農業の知識を高めながら、取引先や同僚から信頼される存在を目指しています。

MESSAGE

受験生たちへメッセージ

生活創造学科は個性豊かな学生が多く、出身地も、将来志望も違う人ばかりでした。そうした多様なニーズに対応したカリキュラムや、学生の適性を見てくれる先生の存在が生活創造学科の魅力だと思います。やりたいことがまだ明確ではなく、自分に合った将来を見つけたいという人には、生活創造学科をお勧めします。

インタビュー内容は、2018年11月〜2019年4月に取材したものです。

PAGE
TOP