アメリカ留学
ジュニアータ大学(ペンシルヴェニア州)

夏坂 初 さん
Natsusaka Hajime
文学部 英文学科 4年
札幌龍谷学園高等学校出身
NEXT

留学で得た糧や経験を
生徒に伝えられる英語教員に

高校生の時の英語の先生に「学生時代の留学は糧になる」と勧められ、留学することを前提に北星の英文学科へ進学しました。教職も目指していたので、留学経験は英語教員としても絶対にプラスになると考えたのです。ジュニアータ大学に留学し、経済や地理などの授業でネイティブの学生とグループワークを重ねました。膨大な量の課題が毎日出るので大変でしたが、それらに取り組む中で着実に英語力が伸びていくのを実感するのは楽しい経験でした。

特に印象に残っているのは、日本の文化をスライドにまとめ、現地の高校で紹介したことです。彼らと同世代の「日本の高校生」をテーマに、学校生活や食生活、人気のアイドルなどを紹介し、アメリカとの違いを考えてもらう内容にしました。自国の文化を英語で伝えるためには、まず自分が日本について深く理解する必要があり、外から見た日本を考察してみて初めて気づいたことも多くありました。発表の内容を工夫した甲斐もあり、プレゼンテーション後は質問や意見も活発に飛び交いました。将来教職に就いた時にはこの体験を活かしたいです。

留学を通して、私のコミュニケーションの輪は大きく世界に広がりました。インターネットでも情報が得られる時代ですが、実際に海外を訪れて感じたり考えたりした経験とは比較になりません。英語教員になったら生徒にも留学を勧めたいと思います。

  • チューターとして支えてくれた
    オードリー 
  • いろいろな国の友人が
    たくさんできました
  • 現地の家族の一員として文化交流
MESSAGE

受験生たちへメッセージ

 留学中は大学の寮で生活しており、前期はネパール人、後期は中国人との2人部屋でした。外国人のルームメイトとの暮らしでは、文化や風習、生活習慣の違いを楽しむことが大切だと思います。あまりにも日本人的な感覚でいると、その違いをストレスに感じてしまうかもしれません。たった1年間と割り切って、異文化体験を楽しんでみてください。

PAGE
TOP