学費・奨学金

  • Home >
  • 学費・奨学金 >
  • 奨学金制度

奨学金制度

奨学金制度

受験生対象

入試特別奨学賞

一般入試(大学・短期大学部)及び大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(大学のみ)において、学科毎に募集定員の10%程度の合格上位者が対象となります。

大学・短期大学部

授業料及び教育充実費の2分の1相当額を免除

※在学中の学業成績等により大学で最大4年間、短期大学部で最大2年間継続。

入学前予約型・自宅外通学支援奨学金

札幌市内及び近郊以外で、経済的事情により入学が困難な受験生に対し、北星学園大学へ進学を志せるように、入学後の経済支援を行うことを目的とした奨学金です。

大学・短期大学部

年額/360,000円給付

【前年度詳細】
申請期間:2017年1月6日(金)~1月27日(金)
給付期間:原則として4年間(短期大学部の場合は2年間)
採用人数:60名(大学・短期大学部合計)
対象入試:「一般入学試験」「大学入試センター試験利用入学試験」または「各推薦入学試験(推薦編入学は除く)」

在学生・院生対象

★日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金WEBサイト

 

第一種奨学金(無利息)

大学

自宅通学 月額/30,000円、54,000円貸与
自宅外通学 月額/30,000円、64,000円貸与

短期大学部

自宅通学 月額/30,000円、53,000円貸与
自宅外通学 月額/30,000円、60,000円貸与

大学院

月額/50,000円、88,000円貸与(修士課程)
月額/80,000円、122,000円貸与(博士課程)

※返還の義務があります。

第二種奨学金(利息付)

大学・短期大学部

月額/30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円貸与

大学院

月額/50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円貸与

※返還の義務があります。
※金額については、申込者が選択できます。

 


★北星学園大学奨学金

成績優秀者学業奨励金

大学・短期大学部

年額/10,000円〜50,000円給付(成績による)

※2年次、3年次、4年次の各学科の成績優秀者(上位20分の1以内又は5位以内:人数の多い方)に給付されます。申し込みの必要はありません。選考結果は6月初旬に学内掲示にてお知らせいたします。
※返還の義務はありません。
成績優秀者学業奨励賞の選考基準等(2014年4月25日 学生支援委員会)icon_pdf

一般奨学金

大学・短期大学部

年額/120,000円給付

※学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。※返還の義務はありません。

松田奨学金

大学

(経済学部2年次以上のみ)

年額/60,000円給付

※学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。※返還の義務はありません。

融資奨学金(有利息)

大学・短期大学部

年額/100,000〜500,000円貸与

大学院

年額/100,000〜500,000円貸与

※本学が指定する銀行から受けた融資について、在学中の利息を大学が負担する制度です。日本学生支援機構第二種奨学金の定期採用選考で採用されなかった学生が利用することができます。
※返還の義務があります。

 


★北星学園関係奨学金

有馬・我孫子・手島・時任奨学金

大学・短期大学部

(2年次以上の男子学生のみ)

年額/100,000円給付

※学力・人物ともに優秀で、経済的な協力を必要とする者。※返還の義務はありません。

スミス・モンク・エバンス奨学金

大学・短期大学部

(女子学生のみ)

年額/100,000円給付

※学力・人物ともに優秀で、経済的な協力を必要とする者。※返還の義務はありません。

 


★学費減免制度

兄弟姉妹同時在学者減免

大学・短期大学部・大学院

教育充実費(年額)相当額を免除

※大学、短期大学部、大学院に同時に2人以上在学している場合に、下級年次に在籍している学生が対象。

身体・精神障害修学者減免

大学・短期大学部・大学院

教育充実費(年額)の2分の1相当額を免除

※身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳を所持し、本学の定める単位数を取得している場合。

社会人入試入学者減免

大学・短期大学部

授業料(年額)から150,000円を免除

※社会人入学制度を利用し入学した学生が対象。2年次以上については、前年度の取得単位数の条件があります。

修学困窮者減免

大学・短期大学部

授業料(年額)の2分の1相当額を免除

※学費負担者の死亡・失職や災害等により家計が急変し、本学の定める単位数を取得している場合。

大学院博士課程減免(大学院博士課程)

大学院

授業料、教育充実費(年額)の2分の1相当を3年間免除

 

私費外国人留学生修学奨励金

大学・短期大学部・大学院

授業料(年額)の3分の1相当額を免除

※成績等による。

私費外国人留学生奨学金

大学・短期大学部・大学院

授業料(年額)の3分の1相当額を免除

※成績等による。

※受験をお考えの方で詳細をお知りになりたい方は「入試課」へお問い合わせ下さい。

PAGE TOP