先輩VOICE

サークル紹介「準硬式野球部」

サークル紹介

準硬式野球部

北星先輩Voice 準硬式野球部

福祉学部
福祉計画学科4年

前キャプテン 小森さん
2部リーグでも最下位だった準硬式野球部を、「優勝できるチーム」と見込んで入部し、見事1部リーグの常連に引き上げた立役者。同期の部員たちと共に、勝てると信じて野球に取り組み、目標を実現させたその手腕はこれからも社会で発揮されることでしょう。

 

北星先輩Voice 準硬式野球部

経済学部
経済学科3年

キャプテン 川島さん
前任者の実績を引き継ぐ主将としてプレッシャーを感じるというより、むしろ自然体で周りを引っ張る雰囲気の川島さん。高校時代まで努力一辺倒だった野球が、大学生活で初めて、楽しみながら強くなる野球に出会った喜びがこちらにも伝わってきました。

北星先輩Voice 準硬式野球部

前キャプテン 小森さん

準硬式野球について教えてください。

準硬式野球は、中が硬式で外側が軟式の素材でできているボールを使い、硬式野球の木製と違い金属バットで打ちます。

 

入部したキッカケは?

大学リーグが1部〜3部まであるんですけど、(入部時には)その時の2部リーグで最下位で入れ替え戦までいっていました。
4年生が辞めたときには人数がギリギリで廃部になると言われ、急に足りないということで僕たちの代で入部しました。

 

キャプテンを務めた感想は?

2年生の秋からキャプテンをやっています。本心はやりたくなかったけど、周りに頼まれて引き受けました。やっぱり責任を感じました。
部活に対する考え方が一人一人違うので、まとめるのが難しかったです。監督がいないので、レギュラーメンバーやベンチ入りメンバー等も決めて行かないとならなくて、そこが大変でした。

 

大会成績はどうでしたか?

1年生の春は入れ替え戦で終わったのですが、4年生の引退した秋に1部〜3部合同の大会で準優勝しました。
2年生の春のリーグ戦は、2部の優勝にあと一歩、秋の大会は準優勝しました。1位と2位のチームは全日本の大会に出場することができます。
(3年の2部リーグ戦で優勝して)やっと優勝できたなという感じでした。
1年生のときから周りからは弱いと言われていたけれど、自分自身は優勝を狙っていたので、優勝できたのはうれしかったです。

 

キャプテンを務めて良かったことは?

野球やキャプテンをしていたことを通して挨拶とか話すこと、人間関係について成長させてもらったこともあり、(就職)面接でもガチガチにならず、いつも通りにやることができました。

 

キャプテン 川島さん

野球部に入部したきっかけは?

正直、準硬式野球部は、硬式よりもレベルが低いと思っていたのですが、小森さんを始め先輩を見て、全くそんなこと無いなと感じました。先輩方の楽しそうに野球をやる姿、こんなにレベルの高い野球ができる環境にわくわくした自分がいました。

 

準硬式野球部の雰囲気は?

和気あいあいとしていて、横のつながりが非常に強いと思います。下級生からレギュラーの子も何人もいて、活躍したいというモチベーションの高い部員が多いです。試合に出られなくても練習に来てくれる部員たちも多く、キャプテンをやる側としては非常に助かっています。

 

部活に入ってよかったことは?

先輩方のレベルが高く、野球の楽しさを伝えてくれました。高校時代は努力やつらいことが多かったのですが、楽しんで野球ができることを学べたのが大きかったです。

北星先輩Voice 準硬式野球部

北星先輩Voice 準硬式野球部

北星先輩Voice 準硬式野球部

北星先輩Voice 準硬式野球部
北星学園大学の準硬式野球部は、ほんの数年前までは廃部寸前のチームでしたが、小森さんの入部した年の1年生の活躍により、2部リーグで準優勝、優勝を重ね、全日本選手権に出場するまでのチームに変貌を遂げました。現在は60名ほどの部員がおり、硬式・軟式野球部にひけをとらない活躍を見せています。
 
[主な戦績]
2017年度 6月 北海道地区大学準硬式野球2部リーグ選手権【優勝】(1部リーグ昇格)
2018年度 6月 北海道地区大学準硬式野球1部リーグ選手権【第2位】
8月 文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会出場

北星学園大学に入って後悔することはありません。大学では一番やりたいことができる時間なので、後悔のないように大学生活を楽しんで欲しいです。(小森さん)
 
大学や部活を選ぶのに悩んでいる人もいると思いますが、北星は語学にも秀でていて、サークル活動にも力が入っている素晴らしい大学です。ぜひ一度見に来てください。(川島さん)

PAGE TOP