news

ニュース

北星学園大学における2021年度の授業実施方針について

2021年02月22日

受験生の皆様、入学予定の皆様
保護者の皆様

北星学園大学における2021年度の授業実施方針について

学長 大坊 郁夫

 受験生の皆さん、北星学園大学及び短期大学部への合格おめでとうございます。入試選抜改革や、感染症の危機対応の影響により、大変な気苦労をされた受験だったと思います。その中でしっかりと受験対策を行い、目標の進路に向かって努力されてきた皆さんに敬意を表します。

 2020年度は本学においても感染拡大防止と教育の質の確保のため、緊急的対応として遠隔授業にシフトせざるを得ない状況でした。新年度は、感染防止対策の徹底と対面授業・キャンパスライフの両立を図るかを検討しつつ、皆さんが4月に入学されますことを心待ちにして準備を進めています。

 本学は通学制で単位を取得する大学であり、コロナ禍であっても、学生のみなさんが真摯に学習・研究に取組み、学生生活を送ることができる環境を提供しなければなりません。この1年、感染拡大防止と教育の質の確保の両立を図り、さらにはガイドラインに従ったサークル活動の再開などキャンパスライフの工夫も行ってきました。そのため感染者数が少なく、また学内での感染や授業、サークル活動での感染連鎖は発生せず、しっかりとコロナ対応と教育の両立を図ることができました。

 新年度は、これまでに経験した遠隔授業のプラス面を効果的に交えて、可能な限り学生同士や教職員と交流する対面授業の機会を確保した質の高い教育展開をしていくことが必要です。知見の蓄積から、コロナウイルスの危険性を正しく認識し、各自がマスク着用、手洗いや手指消毒を行いつつ、教室でも社会的距離を保って座席指定を行うなどの感染防止対策によって、大学内での感染連鎖を回避できる事が分かってきました。そのため対面授業の必要性に鑑みつつ教育の質を確保する観点から、遠隔授業との適切かつ合理的な組み合わせの中で、対面授業を展開することが可能であると考えています。

 コロナ禍の本学に課せられた高等教育機関としての使命を果たすべく、2021年度は対面授業を拡大していく方針で臨みます。なお感染の状況によっては、遠隔授業の活用も視野に入れておく必要があります。入学にあたっては各自、自宅等での遠隔授業を受講するためのインターネット環境(カメラ・マイク付きのノートパソコン推奨と、Wi-Fi通信)を整えていただくようお願いします。(別紙資料参照

 新しく始まる大学生活には、様々な不安や戸惑いがあるかもしれません。しかしながら教職員一同、コロナ禍にあっても皆さんが充実した大学4年間または短大2年間の学びとキャンパスライフをおくれるように努め、支援して参ります。4月に大谷地のキャンパスでお会いできることを楽しみにしております。

PAGE TOP